花粉症に苦しむ女性

抗アレルギー薬による治療と薬のシート数

抗アレルギー薬には様々なタイプがあり、皮膚などのアレルギー症状にはシートタイプのものも販売されているのですが、第二世代の抗ヒスタミン剤ではないので眠気などの副作用が出る可能性があります。抗アレルギー薬によるアレルギー性鼻炎や喘息などの治療には1日1回から2回程度服用をする抗アレルギー薬が処方されていて、1シートで10錠となっているのが一般的なので、1ヶ月分になると3シート程度になります。花粉症の場合は治療期間が限られているので、処方される薬の数も少ないのですが、ダニやハウスダストの場合は1年と通じてアレルギー症状が出るので、治療のために毎日1錠から2錠の抗アレルギー薬の服用が必要になります。喘息などの症状が重い場合にはこれに加えて吸入薬が処方されるのですが、ステロイド薬なので使い続けなければ効果を実感することができません。またアレルギーを根本的に治療する場合には、原因物質を特定してそれを取り除くことが重要なので、ダニの場合にはカーペットや布団などを毎日掃除機で吸引してダニのしがいやハウスダストが少ない状態を保つことが大切です。掃除機などによって除去されるダニは全体の8割程度とされているので、全てを死滅させることはできません。しかし布団乾燥機などで急激に温度を上昇させるとダニが死滅するので、布団乾燥機でダニを死滅させて、その後に掃除機で死がいを吸引することでダニによるアレルギーを軽減させることができます。抗アレルギー薬は花粉症の場合にはその季節になってから薬を服用することで効果を発揮しますが、予防的に服用するよりも症状が出てから点鼻薬などを使って対処するほうが良い場合もあります。