花粉症に苦しむ女性

有効成分セチリジンの効果の秘密を解明!

セチリジンは有効成分セチリジン塩酸塩の略称であり、セチリジン塩酸塩が主成分の抗ヒスタミン薬ジルテックのジェネリック医薬品の名称にもなっています。ジェネリック医薬品は最初に薬を開発した会社の特許が切れた後に同じ有効成分で製造されているため、先発医薬品より安価でありながら同じ効果効能を持っていることから、長く服用を続けるアレルギー薬のような種類では有難い存在です。

抗ヒスタミン薬の種類

セチリジンも先発医薬品であるジルテックも、花粉症などでアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが受容体に結合するのをブロックして働きを抑えて症状緩和に繋げる抗ヒスタミン薬という種類です。抗ヒスタミン薬には第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬があり、先に開発された第1世代で出やすい眠気などの副作用を第2世代は極力抑え、効果的にアレルギー症状を緩和しながら眠くなりにくい薬となっており、セチリジンもその第2世代抗ヒスタミン薬に属しています。

セチリジンの効果作用

第2世代抗ヒスタミン薬セチリジンの効果効能は、ヒスタミンと受容体の結合を阻止することで発揮されます。体内に入ったアレルゲンは抗原の刺激でアレルギー反応を起こし、免疫系であるアレルギー反応性細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されますが、そのヒスタミンがある種の神経受容体と結合することでさまざまなアレルギー症状が引き起こされます。有効成分セチリジンはヒスタミンと受容体の結合を遮断することでアレルギー症状が出るのを抑えます。
セチリジンはヒスタミン受容体に対する選択性が高い薬であるため、アセチルコリン受容体まで阻害する抗コリン作用などの余計な作用が起こりにくく、第1世代抗ヒスタミン薬に多く見られた排尿障害や口の乾きといった副作用が出にくいのも特徴です。眠気が起こりにくいのは脂溶性が低いことから脳に入りにくいためとされ、比較的速効性があり持続時間が長いというメリットも持っています。

セチリジンが配合されている薬は通販サイトで入手可能

先発医薬品ジルテックの有効成分の名称でありジェネリック医薬品の製品名にもなっているセチリジンは、アレルギー症状を抑える効果効能の高さに定評があり、眠くなりにくい薬という点においても非常に人気が高い医薬品です。セチリジン配合の抗アレルギー薬は、ジルテックやジェネリックのセチリジンのほか市販薬も販売されていますが、処方薬の場合は基本的に病院で医師の診察を受け処方せんを出してもらわなければ購入できません。ただ個人輸入という形式で通販を行っているショップからであれば、処方せん無しでもジルテックの処方薬が入手できるようになっています。

ジルテック配合の医薬品は市販の製品もあり街なかの薬局やドラッグストアで購入できますが、処方薬で服用している人が薬を切らしてすぐに病院に行けない場合、同じ処方薬が通販で入手できれば安心感が違います。これまで市販薬を利用していて、処方薬の成分での効果効能が気になる人や花粉症の場合飛散シーズン真っ只中で出来るだけ外出したくない時にも、個人輸入の通販ショップで購入できる仕組みは有難いものがあります。
セチリジンのような抗アレルギー薬であれば重篤な副作用が起こりにくい印象がありますが、通販サイトで購入する場合は注意事項などをしっかり熟読して用法用量はもちろん、他の薬との飲み合わせや禁忌などを確認しておく必要があります。第2世代抗ヒスタミン薬のセチリジンは第1世代と比べると眠気などの副作用が少ないとされていますが、全く眠くならないわけではないため、車の運転をする人は細心の注意が必要です。

セチリジンの使用を禁止する人

セチリジンは肝臓や腎臓が悪い人には慎重に用いられる薬とされ、特に重度の腎障害の人は服用を禁じられています。重度の疾患でなくても腎臓病や肝臓病を患っている人や、てんかんの人や高齢者の服用には注意が必要とされています。どんなタイプの薬も服用後に何らかの異変を感じた場合はすぐに医師に相談することが大切です。